2020/01/23 1月23日は「電子メールの日」 


1(いい)23(ふみ)=E文、の語呂あわせから、1月23日は電子メッセージング協議会(現 Eジャパン協議会)が制定した"電子メールの日"。また、毎月23日は郵政省(現 郵政公社)が制定した"ふみの日"。文字で気持ちを伝える大切さは共通です。

2020/01/22 第11回なかんじょ寄席チケット発売中 


3月29日13:30開場,14:00開演,中之条町バイテック文化ホール,前売\1,000-,当日1,200-。番組:三遊亭西村、三遊亭萬丸、シリル・コピーニ(漫談)、桂三若(仲入り)鏡味味千代(太神楽)、大喜利、三遊亭竜楽。賑やかに爆笑寄席を開催します。

2020/01/21 1月21日は「スイートピーの日」 


日本スイートピーの会(全国の花の生産者や生花店等で構成)が、花弁が左右対称の3種類の花びら(旗弁1枚/翼弁2枚/舟弁1枚)の数1,2,1から1月21日を「スイートピーの日」と制定。♪赤いスイートピーも1982年のこの日にリリースされました。

2020/01/20 1月20日「湯かけ祭り」「湯立祭」 


20日は「大寒」、二十四節気の一つで一年で最も寒い時期です。大寒の日には、川原湯温泉の王湯会館前で朝5時〜湯かけ祭りが行われます。また、四万温泉日向見薬師堂隣の御夢想(ごむそう)の湯前では13時〜湯立神事・湯立祭りが行なわれます。

2020/01/19 嬬恋村から80トンの雪を神田小川町に 


東京の人達に雪遊びを楽しんで貰おうと、嬬恋村から神田小川町に毎年80tの雪を運びます。神田雪だるまフェアは今年で第19回の恒例行事です。18日19日、靖国通りは巨大雪だるまストリートに。小川広場は"かまくら"や雪の滑り台等のイベント。

2020/01/18 1月18日は「初観音」 


毎月18日は観音さまの縁日で、一年最初の1月18日は「初観音」と呼ばれています。高山村尻高の北向観音(福蔵寺)は1月18日が大祭日で、厄除の護摩祈祷が行われ、露天商も並び、厄除を祈願する人々など、大勢の人達で賑わいます。

2020/01/17 1月17日は「おむすびの日」 


お米に関係する民間企業やJA等でつくる「ごはんを食べよう国民運動推進協議会」が平成13年から実施しています。阪神大震災でボランティアの炊き出しで被災者が励まされた事から、いつまでもこの善意を忘れない為、1月17日を記念日としました。

2020/01/16 1月16日は籔入り(やぶいり) 


住込みの奉公人が親元に帰れる正月とお盆の休日が「薮入り」です。昔は、主人からお仕着せと小遣いを貰って帰省できる、小僧達にとって一番嬉しい日でした。ただし、最初の3年間は見習い期間で、薮入りは許されなかったそうです。

2020/01/15 小正月の民俗行事おんべーや 


15日15時頃から中之条町入山の引沼集落で「おんべーや」が行われます。七福神に扮した住民が、福俵を背負って家々をまわり、無病息災・承福を願い、福俵を投げ渡します。夜には、ご神木を集積した「おんべ」に火を放ち、どんどん焼きが行われます。

2020/01/14 中之条町の「鳥追い祭り」 


毎年1月14日に「鳥追いまつり」が盛大に行なわれます。本年が良い年でありますようにと五穀豊穣・無病息災を祈り、害虫・害鳥駆除を願って、中之条町では11台の大太鼓を叩きながら大通りを練り歩き、厄除けの福ミカン等が投げられます。

2020/01/13 どんど焼き(どんどん焼き) 


14日や15日に、郡内各地で道祖神祭行事の一つとされる民俗行事「どんど焼き」が行なわれます。無病息災を願い、飾り終えた門松や縁起ダルマを燃やし、米粉で作った繭玉(まゆだま=おまいだま)を「ぼくの木」の枝に刺して焼いて食べます。

2020/01/12 1月の第2月曜日は「成人の日」 


今年の"成人の日"は13日です。進学や就職で地元を離れる人が多い田舎では、成人式を"成人の日"の前日(今年は12日)・8月のお盆や5月の連休に学齢で祝います。成人年齢が2年後に18歳に引き下げられますが「20歳の式」はどうなるのでしょうか。

2020/01/11 1月11日は「鏡開き」 


鏡開きは、神仏に供えた鏡餅を雑煮や汁粉にして無病息災を願う行事。元々は武家の風習なので、切腹を連想する刃物は使わずに餅を手や木鎚で割ります。「切る・割る」と云う言葉を避けて、末広がりを意味する縁起の良い「開く」を使います。

2020/01/10 1月10日は「110番の日」 


110番の日は警察庁が昭和60年に制定して翌年から実施。ダイヤル110番の適切な利用を呼びかけるイベントなどが行われます。110番は昭和23年にGHQの勧告で東京など8大都市で始められ、全国で110番に統一されたのは昭和29年からです。

2020/01/09 1月9日は「とんちの日」 


とんちが得意な一休さん(一休宗純禅師)の語呂合わせ(=1.9)から1月9日は"とんちの日"。・門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし・世の中は起きて糞して寝て食って後は死ぬを待つばかりなり・・・一休宗純が遺した言葉です。

2020/01/08 インフルエンザ 


基礎疾患のある人、子供、妊娠している人は、特に注意が必要です。突然の発熱で、咳・咽頭痛・頭痛・倦怠感・筋肉痛などの症状があったら早めに受診を。インフルエンザ予防の、おやくそく。〜お口をカバー。手を洗いグマ。〜

2020/01/07 春の七草(ななくさ) 


1月7日の朝は、7種の野菜が入った"七草粥"を食べて健康を祈願します。春の七草は、芹(セリ)、薺(ナズナ)、御形(ゴギョウ)、繁縷(ハコベラ)、仏の座(ホトケノザ)、菘(スズナ)、蘿蔔(スズシロ)。スラスラ言えない私も、七草粥を頂きま〜す。

2020/01/06 小寒(しょうかん) 


小寒は二十四節気の一つで、天文学的には太陽が黄道上の285度の点を通過する時です。寒さが最も厳しくなる前、寒さが加わる頃と云う意味で、俗に"寒の入り"と言います。これから大寒(1月20日)に向かって寒さが一段と厳しくなっていきます。

2020/01/05 上毛カルタ 


群馬県人なら誰でも知っている上毛カルタ。郡内小学校でも上毛カルタ大会が行われ、上州人のDNAを埋め込んでいます。他県で社会人となっても、群馬出身者として意気投合する第一歩は「鶴舞う形の」⇒「群馬県!」の合言葉から始まります。

2020/01/04 1月4日は「石の日」 


1(い)4(し)の語呂合わせから"石の日"です。石工職人が尊ぶ聖徳太子の命日だそうです。この日に、お地蔵様や観音様、狛犬、墓石などの石に触れながら願いをかけると願いが叶うと云われています。ストーンパワーで、2020年を良い年に。

2020/01/03 1月3日は「ひとみの日」 


1(ひと)3(み)の語呂合わせから、メガネ、コンタクトレンズの業界が1月3日をひとみの日と制定。10月10日の目の愛護デーの様に、いつまでも美しい瞳を!ということだそうです。今年一年、澄んだ瞳で正しい事を見きわめていきたいものですね。

2020/01/02 3日「箱根駅伝」清水選手10区を走ります 


今年の東京箱根間往復大学駅伝は、拓殖大3年生ので清水崚汰選手(中之条中-中之条高)が、戦略理由から当初は補欠登録。当日のメンバー変更登録で、第10区を走ります。ゴールを目指して激走する清水選手へのご声援を宜しくお願いします。

2020/01/01 明けましておめでとうございます 


謹賀新年。旧年中のご愛顧、誠に有難うございます。吾妻郡のポータルサイト『キララ★あがつま』は、本年2020年も「吾妻からの情報発信・吾妻への情報提供」を行って参ります。引き続きのご愛顧を宜しくお願い申し上げます。

2019/12/31 お年取り 


昔は生まれた年を1歳とする"数え年"。大晦日に、1年の息災を感謝し、1つ年を取る事を祝います。一家全員が年を取るので「皆が誕生日」です。祝い膳を頂き、年越蕎麦で長寿を祈り、百八つの鐘の音を聞ながら、行く年を送り、新年を迎えます。

2019/12/30 12月30日は「正月飾りの日」 


近ホームセンターやコンビニで正月飾りセットが手軽に手に入ります。鏡餅・しめ縄・門松、これが正月飾りの定番で、更に鏡餅には、ゆずり葉や昆布、橙が必要だと云う事ですが、難しく考えずに、自分なりの飾りつけでお正月を迎えてみましょう。

2019/12/29 年末年始休み 


通常は、官庁は28日が御用納め、1月4日が御用始め。民間企業の多くは28日が仕事納めで、1月4日か5日が仕事始めです。今年の年末年始は、土曜・日曜と重なって、12月28日〜1月5日の9日間、いつもの年よりも長い年末年始休みとなります。

2019/12/28 もちつき 


今はイベントで見る程度の歳末の餅つき。昔は家を新築すると、まずは臼を運び込みました。また、杵を振り上げて餅がつけたら一人前とも言われ、雑煮/鏡開き/雛祭の菱餅/1歳の一升餅/上棟や神社の餅まき、縁起物の餅にワクワクしました。

2019/12/27 正月飾りを飾る日は? 


門松などの正月飾りは、29日は二重苦など「苦」に通じ、31日は一夜飾りで縁起が悪い。25日はXmasで違和感がある。だから、26日〜28日か30日に飾るものだと祖母から教わりました。正月飾りの処分は小正月の"どんど焼き"でのお焚き上げです。

2019/12/26 暮市(くれいち) 


12月26日は中之条町の暮市。昔は大通りで開かれ、正月用の食料品や飾り物などを買い求める人々で大いに賑わいました。今は"つむじ"の駐車場内で開催しています。季節感が薄れゆく昨今ですが、この暮市は、どこか慌しさを感じる師走の風物詩です。

2019/12/25 建設業年末年始労働災害防止強調期間 


年末年始には、工事が集中する事もあり、労働災害の増加が危惧されています。12月1日〜1月15日は"建設業年末年始労働災害防止強調期間"です。「無事故の歳末 明るい正月」のスローガンのもとに、労働災害防止活動の徹底が図られています。


- Topics Board -