2020/08/10 心よりご冥福をお祈りいたします 


2018年8月10日、群馬県防災ヘリコプター"はるな"が中之条町ガラン沢付近で、乗員9人全員が死亡するという大変痛ましい墜落事故が発生。吾妻広域消防本部6人の尊い命が失われました。殉職された御霊に、心よりのご冥福をお祈り申し上げます。

2020/08/09 8月9日は「長崎原爆の日」 


昭和20年8月9日、米軍は6日の広島に続いて長崎に原爆を投下。数ヶ月の間に約7万人、その後亡くなった人を含めると15万人の命を奪いました。原爆落下地には平和公園があり、平和祈念像があります。戦争で亡くなった方々の冥福を祈ります。

2020/08/08 8月8日は「そろばんの日」 


そろばんの擬音"パチパチ=88"から全国珠算教育連盟が「そろばんの日」と制定。「読み書きそろばん」と言われ勉学の代名詞だった時代から、電卓の登場等で衰退。しかし近年は、集中力を高め、暗算で右脳が発達する等で再評価されて復活模様です。

2020/08/07 立秋(りっしゅう) 


二十四節気の一つで天文学的には太陽が天球上の黄経135度の点を通過する時が立秋。暦の上では、もう"秋"。実際には、一年で最も暑い時期で、まだまだ厳しい残暑が続きます。この日からは"暑中見舞い"ではなく"残暑見舞い"となります。

2020/08/06 8月6日は「広島原爆忌」 


昭和20年8月6日午前8時15分に、米軍のB-29爆撃機エノラ・ゲイにより、原爆が広島に投下され、14万人が死亡しました。原爆慰霊祭や、原爆ドームから元安橋付近でとうろう流し等、平和を祈るメッセージが広島から発せられます。

2020/08/05 8月5日は「親子丼の日」 


日付の8月5日を「085=親子」と読む語呂合わせから、夏場の消費が落ち込む時期にスタミナ食として食べて貰いたいとの思いを込めての「親子丼の日」です。割下で煮た鶏肉を溶き卵でとじる、鶏の肉と卵の"親子"がご飯に絡む人気メニューです。

2020/08/04 8月4日は「箸の日」 


8(=は)4(=し)の語呂合わせから8月4日は「箸の日」。箸への感謝を表す事が目的で箸の製造販売会社が制定。この日に箸供養を行う神社もあります。これととは別に、日中韓3国の学者等が箸の世界遺産登録を目指す11月11日の「箸の日」もあります。

2020/08/03 8月3日は「文具はさみの日」 


安全な文具ハサミを多くの人に役立ててほしいと願い、夏休みの工作で使う機会が増える時期、数字の8を真ん中で切ると右側が3になる事、日付を(8=は,3=さ/み)と読む語呂合わせ等から、8月3日を文具はさみの日とプラス(株)が制定しました。

2020/08/02 8月2日は「嬬恋キャベツの日」 


夏秋キャベツのブランド産地の嬬恋村。8月2日を「嬬恋キャベツの日」としています。標高1000〜1400mで昼夜の温度差が大きく、水も良いと云う嬬恋村の自然の恵み、甘くて美味い高原野菜です。地元では玉菜(たまな)と呼んでいます。

2020/08/01 第44回「水の週間」 


毎年8月1日は「水の日」です。そして、8月1日〜7日は「水の週間」です。年間を通じて水の使用量が多い8月に、水資源の有限性、水の貴重さ及び水資源開発の重要性について、理解と関心を深めてもらうための啓蒙行事が全国で実施されます。

2020/07/31 熱中症予防対策を 


しっかりと食事と睡眠をとって、熱中症を防ぎましょう。水分補給はこまめに。特にスポーツドリンクは塩分補給と水分吸収のW効果があります。室内に居ても暑いのを我慢しないで適度にエアコンを。快適な睡眠が明日の熱中症予防の第一歩です。

2020/07/30 7月30日は「梅干(ウメボシ)の日」 


梅干は古くから健康食品として知られ「難が去る」と言われています。日付(730)を"ナンガサル"と語呂合わせして、7月30日は「梅干の日」です。この日の卯の刻(6時〜8時)に恵方(今年は西南西)を向いて食べると、気運が高まるとされています。

2020/07/29 三尺寝(さんじゃくね) 


弁当を終えた職人さんが日陰で昼寝。三尺(約90cm)程の狭い場所、日影が三尺移動するちょっとした時間に横になっての仮眠です。酷暑・猛暑の日本ですが、こんな職人さんの休憩風景が近頃は見られなくなり、「三尺寝」は死語となってしまった様です。

2020/07/28 団扇(うちわ) 


かつて団扇は、涼をとる、炊事をする、蛍を取る、ハエや蚊を払う・・・日常生活に不可欠な存在でした。扇子(せんす)に比べて、強い風を得られます。安価なポリ製と高級品の竹製とを、シーンによって使い分けるのが"大人のたしなみ"ですかね。

2020/07/27 27日は「スイカの日」 


スイカの皮の縦縞模様を綱に見立て「綱=つ(2)な(7)」と読み、27日は「スイカの日」だとの事です。少々強引?ですかね。スイカの一般的なイメージ"緑地に黒い縞模様"の品種が広まったのは昭和初期以降で、それまでは黒の無地皮だったそうです。

2020/07/26 7月26日は「鎌原発掘調査の日」 


天明3年の浅間山噴火から200年後、昭和54年7月26日、嬬恋村鎌原で発掘調査が始まり計13回の調査が行なわれました。観音堂の石段では、あと30数段を登り切れば助かったはずの2名の遺体が見つかりました。鎌原遺跡は群馬県指定史跡です。

2020/07/25 25日は東吾妻町矢倉「鳥頭神社の茅の輪(ちのわ)祭」 


7月最終土曜(今年は25日)に茅(ちがや=イネ科の多年草)で大きな輪っかを作り鳥居に吊るして無病息災を願います。正面から左回り・右回りと8の字に輪を計3回くぐると正月からの禊となり、1年の残りを無事に過ごせると云う夏越(なごし)の神事です。

2020/07/24 今年の7月24日は「スポーツの日」 


昭和39年の東京五輪開会式10月10日を記念して昭和41年に「体育の日」、平成12年から10月第2月曜日に。開催予定だった東京五輪2020開会式に合わせて今年限りの特例で7月24日に移動し、名称も「スポーツの日」に改称。さて、来年は・・・。

2020/07/23 7月23は「日本歴代最高気温の日」 


平成30年7月23に埼玉県熊谷市で記録した41.1℃が日本の観測史上最高気温です。気象庁は「命の危険がある暑さ。一つの災害と認識」と発表。群馬県の最高気温は平成19年8月16日に館林市で記録した40.3℃です。7月8月は熱中症の予防対策を。

2020/07/22 大暑(たいしょ) 


二十四節気の一つ、極熱の盛んなる時期。天文学的には、太陽が天球上の黄経120度の点を通過する瞬間、つまり、春分より1/3公転した事になります。この最も暑い時期を乗り切るために、土用の丑の日にウナギを食べる風習が生まれたそうです。

2020/07/21 「土用の丑」の"う"づくし 


夏バテ防止に土用の丑のウナギは定番。でも「土用の"う"づくし」と云って、"う"のつくものなら何でも良いと、"う"どん、スイカやメロン等の"う"り類、"う"めぼし、"う"し肉。"ウナうどん"と云うのもあり。"う"づくしで疲労回復を図りましょう。

2020/07/20 入山きゅうり 


中之条町六合地区で栽培される「入山きゅうり」は、知る人ぞ知る伝統野菜です。一般に流通するキュウリに比して、太く短く、黒いイボがあるのが特徴です。“薄い黄色味をおびた皮ごと喰うのがうめぇよ”・・・入山きゅうりファンの言です。

2020/07/19 夕立と豪雨 


夕立は局地的な雨で雲間から陽が差して雨脚が白く見えるので「白雨」とも云い、風情があります。急に降る雨は、日照りを潤す恵みの雨(慈雨)ですが、災害をもたらす豪雨は真っ黒な雨雲、地面を叩き付ける大粒の雨。風情どころではありません。

2020/07/18 毎月18日は「頭髪の日」 


昭和53年に、1(とう)8(はつ)の語呂合わせから、全国理容環境衛生協同組合連合会(全理連)が、毎月18日を「頭髪の日」に制定。これとは別に(公社)日本毛髪科学協会が、10(とう)20(はつ)と語呂合わせした10月20日の「頭髪の日」もあります。

2020/07/17 7月18日「2020年群馬県高等学校野球大会」開幕 


県独自の代替大会です。7月18日,19日、23日〜26日、8月1日〜10日、一般客は入場できません。控え部員と保護者(3年生部員とベンチ入り部員1名につき2名まで)の観戦は可能。敷島球場など県内4会場で開催。組合せPDFはこちら

2020/07/16 7月は「河川愛護月間」 


昭和49年から「せせらぎに ぼくも魚も すきとおる」を推進標語として、河川周辺の清掃活動や水生生物の調査等が実施され、流域全体の良好な河川環境の保全・再生を積極的に推進し、国民の河川愛護の意識の醸成を図っています。

2020/07/15 7月は「熱中症予防強化月間」8月31日まで 


夏は熱中症による救急搬送者数が急増。熱中症に対して正しい知識を持って被害を減らそうと、熱中症による救急搬送者数や死亡者数の急増する7月8月が"熱中症予防強化月間"です。3密を避ける新型コロナ対策と併せて、今まで以上の予防対策を。

2020/07/14 7月14日は「活動写真規則公布の日」 


大正6年7月14日、警視庁は映画館で男女客席を分離、フィルム検閲、15歳未満の映画観賞禁止等を定め活動写真興行取締規則を公布。。現在は、(一財)映画倫理機構内の映画倫理管理委員会が劇場用映画・予告編・ポスターなどを審査しています。

2020/07/13 7月13日は「日本標準時刻記念日」 


明治19年7月13日に「東経135度の時刻を日本の標準時とする」と云う勅令第51号(本初子午線経度計算方及標準時ノ件)が公布。この標準時は"中央標準時"と呼ばれます。台湾占領時には東経120度の時刻、時差1時間の"西部標準時"もありました。

2020/07/12 7月12日は「人間ドックの日」 


日本初の人間ドック(当時は短期入院精密身体検査)が、昭和29年7月12日に現在の国立国際医療センターで開始。これに先立ち2月には東山魁夷も協力しての試運転を実施。尚、ドッグ=dog(犬)は誤り。正しくは、ドック=dock(船などの修理庫)。


- Topics Board -