2021/01/27 路面凍結などに注意を 


冬の運転は積雪時、圧雪時はもちろん、雪が無くても路面の凍結など、危険がいっぱいです。的確な装備・対策、安全・確実な運転を心がけても、予期しない事態も起こり、これで十分・万全という事はありません。より慎重に、常に慎重に。

2021/01/26 1月26日は「1ドア2ロックの日」 


日付「1(1つのドアに)26(2つのカギ:ロック)」の語呂合わせから、1月26日は「1ドア2ロックの日」です。防犯性を高めて空き巣の被害を減らすために、玄関を「1ドア2ロック」にすることを推奨し、啓発する事が目的です。

2021/01/25 1月25日は「ギョーザの日」 


餃子の発祥地中国では縁起の良い食品として旧正月に餃子を食べる習慣があるそうです。中国は水餃子、日本は焼餃子が主流。味の素冷凍食品が餃子を大いに食べて、美味しさをもっと知ってもらおうと1月25日を「ギョーザの日」に制定。

2021/01/24 1月24日は「初地蔵」 


毎月24日は地蔵菩薩の縁日で、一年最初の1月24日は「初地蔵」です。病苦の身代わり、子育て、厄除け、延命や開運・・・昔から地蔵菩薩は「お地蔵さん」と民衆から親しまれています。「笠地蔵」などの民話でも絶大な人気がありますね。

2021/01/23 1月23日は「花粉対策の日」 


花粉問題に取組む企業や研究機関で結成された花粉問題対策事業者協議会が制定。飛散量の低減、受粉の防御等、早めの花粉対策を啓蒙するのが目的。春の花粉対策は1月・2月・3月がポイントである事から123が並ぶ日付の1月23日に。

2021/01/22 1月22日は「カレーの日」 


昭和57年1月22日にカレーが全国学校栄養士協議会の全国学校給食統一メニューになった事から、全日本カレー工業協同組合が制定。因みに、昔は"ライスカレー"と呼ばれ、1960年代頃から"カレーライス"と、一般的な呼称が変わったとの事です。

2021/01/21 1月21日は「スイートピーの日」 


日本スイートピーの会(全国の花の生産者や生花店等で構成)が、花弁が左右対称の3種類の花びら(旗弁1枚/翼弁2枚/舟弁1枚)の数1,2,1から、1月21日を「スイートピーの日」と制定。♪赤いスイートピーも1982年のこの日にリリースされました。

2021/01/20 大寒(たいかん) 


大寒は二十四節気の一つ。天文学的には、太陽が黄道上の300度の点を通過するときです。小寒から節分までの“寒の内”の真ん中、一年で最も寒い時期です。本来は、寒さの厳しいこの頃に、武道などの稽古をすることを寒稽古と呼ぶのだそうです。

2021/01/19 1月19日は「イチジク浣腸の日」 


日付「イチ(1)ジク(19)」の語呂合わせと、年末年始の乱れた食生活や、水分不足・運動不足による便秘が気になる時期を"快腸"に過ごしてもらいたいとの願いも込めて、大正14年の創業から浣腸ひと筋に作り続けるイチジク製薬が制定。

2021/01/18 1月18日は「カップスターの日」 


1975年1月18日にサンヨー食品(前橋市)のカップ麺「カップスター(しょうゆ)」が発売されました。覚えやすいCMソングと共に、味噌・旨塩・豚骨・カリーうどん等のバリエーションも増え、味や具材も進化を続けるロングセラー商品となっています。

2021/01/17 1月17日は「おむすびの日」 


お米に関係する民間企業やJA等でつくる「ごはんを食べよう国民運動推進協議会」が平成13年から実施しています。阪神大震災でボランティアの炊き出しで被災者が励まされた事から、いつまでもこの善意を忘れない為、1月17日を記念日としました。

2021/01/16 1月16日は籔入り(やぶいり) 


住込みの奉公人が親元に帰れる正月とお盆の休日が「薮入り」です。昔は、主人からお仕着せと小遣いを貰って帰省できる、小僧達にとって一番嬉しい日でした。ただし、最初の3年間は見習い期間で、薮入りは許されなかったそうです。

2021/01/15 小正月(こしょうがつ) 


1月7日までの松の内を“大正月”、15日を“小正月”と呼びます。小正月には、おかゆに小豆と餅を入れた小豆粥(あずきがゆ)を食べる習慣もありました。昔は“小正月休み”と云うのがあり、学校も仕事も、数日間の休みとなっていました。

2021/01/14 14日や15日に郡内各地で「どんど焼き」 


道祖神祭の一つで無病息災を願う民俗行事"どんど焼き"。飾り終えた門松や縁起ダルマを燃やし、米粉で作った繭玉(まゆだま=おまいだま)を"ぼくの木"の枝に刺して焼いて食べます。元は平安時代、宮中の悪魔祓い儀式"左義長(さぎちょう)”との事。

2021/01/13 1月13日は「遺言の意味を考える日」 


2019年1月13日施行の改正相続法で遺言書の方式が緩和されました。遺言手続が身近になった事から、遺言の大切さや意味を考えるきっかけの日となるようにと、法律施行日1月13日を、1(遺)言の13(意味)とする語呂合わせもあって制定されました。

2021/01/12 1月12日は「いいにんじんの日」 


日付の1(い)1(い)2(にんじん)語呂合わせから1月12日は「いいにんじんの日」です。高麗人参を製造販売する韓国人蔘公社ジャパンが制定したものです。高麗人参の主産地は韓国と中国です。日本でも江戸時代から薬として栽培されていました。

2021/01/11 1月11日は「鏡開き」 


鏡開きは、神仏に供えた鏡餅を雑煮や汁粉にして無病息災を願う行事。元々は武家の風習なので、切腹を連想する刃物は使わずに餅を手や木鎚で割ります。「切る・割る」と云う言葉を避けて、末広がりを意味する縁起の良い「開く」を使います。

2021/01/10 1月10日は「110番の日」 


110番の日は警察庁が昭和60年に制定して翌年から実施。ダイヤル110番通報の大切さと適切な利用を呼びかけています。"110番"は昭和23年にGHQの勧告で東京など8大都市で始められ、全国で110番に統一されたのは昭和29年からです。

2021/01/09 1月9日は「とんちの日」 


とんちが得意な一休さん(一休宗純禅師)の語呂合わせ(=1.9)から1月9日は"とんちの日"。・門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし・世の中は起きて糞して寝て食って後は死ぬを待つばかりなり・・・一休宗純が遺した言葉です。

2021/01/08 1月8日は「勝負事の日」 


「一(イチ)か八(バチ)か」を「1と8」にかけて、1月8日は勝負の記念日です。一と八とは、丁と半の字の上部をとったもので、「丁(偶数)か、半(奇数)か」という意味だそうです。勝負強さを発揮して、何とか今年一年を乗り切りたいものです。

2021/01/07 春の七草(ななくさ) 


1月7日の朝は、7種の野菜が入った"七草粥"を食べて健康を祈願します。春の七草は、芹(セリ)、薺(ナズナ)、御形(ゴギョウ)、繁縷(ハコベラ)、仏の座(ホトケノザ)、菘(スズナ)、蘿蔔(スズシロ)。スラスラ言えない私も、七草粥を頂きま〜す。

2021/01/06 1月6日は「カラーの日」 


日付の1(い)6(ろ)=色(カラー)の語呂合わせから1月6日は"カラーの日"です。カラーを通して世界中の人達に元気に活躍してもらおうとビジネスカラー検定協会が制定しました。2021年の"グッドカラー"は「White(ホワイト)」だそうです。

2021/01/05 小寒(しょうかん) 


小寒は二十四節気の一つで、天文学的には太陽が黄道上の285度の点を通過する時です。寒さが最も厳しくなる前、寒さが加わる頃と云う意味で、俗に"寒の入り"と言います。これから大寒(1月20日)に向かって寒さが一段と厳しくなっていきます。

2021/01/04 1月4日は「石の日」 


日付、1(い)4(し)の語呂合わせから"石の日"です。石工職人が尊ぶ聖徳太子の命日だそうです。この日に、お地蔵様や観音様、狛犬、墓石などの石に触れながら願いをかけると願いが叶うと云われています。ストーンパワーで、2021年を良い年に。

2021/01/03 お雑煮 


お餅が入った汁椀、雑煮(ぞうに)は、赤味噌か白味噌か、ゆで餅か焼餅か等々、それぞれの地域や家庭によって具材も調理方法も様々です。名前の由来は、雑多な煮込み料理"烹雑(ほうぞう)"の別名"煮雑(にまぜ)"等、諸説がある様です。

2021/01/02 2日3日は「第97回東京箱根間往復大学駅伝」 


今年の箱根駅伝は、国士館大3年生の島村広大選手(中之条中-中之条高)が第4区にエントリー(当日にメンバー変更の場合もあり)。島村選手は大学生になってからも"まち5"を走ってくれました。何はともあれ、国士館大へのご声援をお願いします。

2021/01/01 明けましておめでとうございます 


謹賀新年。旧年中のご愛顧、誠に有難うございます。吾妻郡のポータルサイト『キララ★あがつま』は、本年2021年も「吾妻からの情報発信・吾妻への情報提供」を行って参ります。引き続きのご愛顧を宜しくお願い申し上げます。

2020/12/31 お年取り 


昔は生まれた年を1歳とする"数え年"。大晦日に、1年の息災を感謝し、1つ年を取る事を祝います。一家全員が年を取るので「誰もが誕生日」です。祝い膳を頂き、年越蕎麦で長寿を祈り、行く年を送り、新年を迎えます。皆様、よいお年を。

2020/12/30 今年最後の満月です 


12月30日は今年最後の満月です。寒々とした冬、冴えわたった夜に見える月を「寒月:COLD MOON(コールドムーン)」と呼びます。曇り空を仰ぎ、満月が見られないかと諦めていましたが、天気が回復。綺麗なコールドムーンを眺める事が出来ました。

2020/12/29 年末年始休み 


今年の年末年始休みは、28日が仕事納め、1月4日が仕事始めで、土曜・日曜との重なりが無く、12月29日〜1月3日の6日間。帰省・外出を控えた静かな年末年始となりそうですが、寒波到来で大雪の恐れもあるとか。天気予報のチェックを怠りなく。


- Topics Board -