信濃屋
電話:0279-75-3249 FAX:0279-75-7072
営業時間 8:30〜22:00 定休日は日曜日

「かくいち」と「信濃屋」の由来
信州(長野県)出身の初代店主は、中之条町の
「かくいち」という酒蔵で働いていました。

明治時代も終わりの頃
「かくいち」から暖簾(のれん)分けをしていただき
中之条町大字伊勢町にて酒屋を創業しました。

店名は出身地の信州にちなんで「信濃屋」と名付け
お馴染みさん達からは「かくいち」の愛称で呼ばれ
(かくいちの屋号)と共に、親しんでいただきました。


今では幻の酒となった
「群花譽(ぐんかほまれ)」
信濃屋の歴史
信濃屋
オリジナル徳利
昭和初期までは
左の写真の瓶(かめ)に酒を入れ
大八車に乗せて運び、居酒屋に卸していました。
一升徳利(とっくり)は天秤で担いで運びました。

瓶や徳利は陶器でできていましたから
その重さと言ったら、相当な重さでした。

四代目です。 四代目店主
お年寄りのみなさまから「かくいち」と呼んでいただくと
「信濃屋」の歴史や、代々受け継がれてきた責任の重さを感じます。これからも、みなさまに愛される酒屋でありたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
              


かくいち地酒紹介酒講座ご案内HOME地域情報はキララ★あがつま