国際ロータリー2840地区(群馬県)
2017-18 国際ロータリーテーマ
RIテーマ
ROTARY:MAKING A DIFFERENCES
ガバナーメッセージ
ガバナー
2017-18年度
国際ロータリー第2840地区
ガバナー 田中 久夫

 「ロータリーには112年の豊かな歴史があります。この間にロータリーは、徐々に成長し、成熟し、会員と地域社会の変わりゆくニーズに適応しながら、ある意味で大きく変わってきました。しかし、その根底にあるものは同じです。地域社会と世界に変化を生み出したいという願い、ロータリーを通じてそれを実現したいと願う人々が集まった組織がロータリーだということです。「ロータリーとは何ですか」という問いに、私たちは行動をもって答えます。奉仕を通じて変化をもたらすことが出来ると信じています。どのような方法で奉仕することを選んだとしても、私たちは奉仕を通じて人びとの人生に変化をもたらせることが出来るはずです。私たちは、自分たちの活動が誰かの人生をより良くしていることを知っているのです。」と。そして、今年度のRIテーマを「ROTARY:MAKING A DIFFERENCE」(「ロータリー:変化をもたらす」)とし、ロータリー自体、ロータリアン自身が時代の要請に従って変化をし、奉仕を通じて人々の人生に良い変化をもたらすことができると信じている、と語っています。その柱には1会員組織の強化、特に年齢構成と男女のバランスの重要性を掲げ、またそのためには、2ロータリーの公共イメージの認知・向上が何より大切であるとも述べています。

 それを受けて私は、2017-2018年度の地区目標を「ロータリーのある人生を誇りにしよう」(Rotary`s Mind is Our Pride. We are Rotarian. We are One.)としました。私たちが心から愛するロータリーに集う仲間を増やし、一緒に地域社会に意義ある奉仕活動を行うことによって、ロータリーの素晴らしさを発信していく、という一連のサイクル(会員増強、奉仕活動の実践、公共イメージの向上)の充実を目指すことにしました。
そこで、2017-2018年度当地区の目標は、1会員増強(各クラブ純増1割)、2公共イメージ戦略の実践(ポスターの掲示、マスコミの活用等)と定めます。1年が終わったとき、この目標を達成し、充実感溢れた想いを地区の皆さんと共有したいと願っています。皆さん、この1年間は何よりもロータリーを優先して人生を送ってください。きっと、ロータリーのある人生が誇りになることでしょう。ロータリーに入って良かった、仲間がいて良かった、こんな素晴らしい思い出を残しましょう。

 最後に、私の人生のモットーである、た(楽しく)、な(仲良く)、か(格好良く)のタナカ ism を皆様に贈ります。健闘を祈ります。

We are Rotarian. We are One.

地区目標
1. RI会長賞を目指そう
2. 会員増強・退会防止・・・年度末目標 クラブ目標純増1割 地区目標2,400名
3. 公共イメージ向上への戦略実践
4. 会員相互において「ロータリアンであることの誇り」の認識の共有
5. ロータリー財団による補助金の活用
6. ロータリー財団寄付 150ドル、ポリオ寄付 30ドル、米山寄付 16,000 円 の達成



国際ロータリー第2840地区 田中 久夫ガバナー事務所

中之条ロータリークラブ
〒377-0424 群馬県吾妻郡中之条町大字中之条町935番地 群馬銀行中之条支店内
TEL.0279-75-4418(FAXも同じ)
e-mail nakanojo@rid2840.jp